お問い合わせ・相談無料お問い合わせ・相談無料

天王寺・上本町の民事信託は
司法書士しげもり法務事務所へ

民事信託(家族信託)

民事信託チェックシート

下記の項目に2つ以上チェックが入るお客様は、民事信託のご利用をご検討ください。

①家族について(状態)

□ 糖尿病などの持病をお持ちで、70代以上である。
□ 配偶者や相続人がすでに認知症になっている、または近い将来認知症になる可能性がある。
□ 親族が介護状態になっている、またはなる可能性がある。
□ 親族(相続人)に1人でも「障害者」や「ひきこもり」がいる。
□ 親族(相続人)に1人でも「アルコール依存症」「ギャンブル依存症」がいる。
□ 親族(相続人)の仲が悪い。
□ 親族(相続人)と5年以上連絡を取っていない。
□ 再婚をしていて連れ子がいる。
□ 子供がいない夫婦(50歳以上)である。

②財産を持っている方の気持ち

□ 財産を特定の子供(相続人)に渡したい。
□ 主な財産を血のつながった血族に財産を承継させていきたい。
□ 遺言はできれば書きたくない。
□ 不動産の管理をやりたくない。
□ 相続対策をしたいが、面倒な手続きはしたくない。

③財産について(状態)

□ すでに共有状態になっている不動産がある。
□ 何も対策をしないと相続人が共有状態になってしまう不動産がある。
□ 生前所有不動産を売却・建て替え・大規模修繕する必要がある。
□ 創業した会社の持ち株を所有しており、何もしないと経営に関係ない相続人と共有状態になる。
□ 会社の自社株を過半数以上所有している

民事信託(家族信託)について

民事信託(家族信託)とは、財産管理手法の1つとして、財産保有者(委託者)が「契約」によって、
信頼できる相手(受託者)に対し、財産(不動産・預貯金等)を移転し、一定の目的(信託目的)に従って、
財産をあげたい人(受益者)のためにその財産(信託財産)を管理・処分することをいいます。
もっとも分かりやすく言うと、自分の財産を、「誰に」「どのような目的で」「いつ」渡すことを、
あらかじめ生前に契約し、その財産を管理できる権利を信頼できる相手に移し、
将来その契約を確実に実行させていくことです。

【 民事信託を利用した場合のメリット 】
  • 生存中から死亡後まで、自由で柔軟な財産管理、承継の設計ができる。
  • 数世代先までの遺産承継先を決められる。
  • 事業で失敗しても、信託財産は隔離されているので守られる。
  • 判断能力衰えても、財産管理、贈与できる。
  • 確実に利益を渡したい人に渡せる。
  • 今すぐに始められる。
  • 名義預金にはならずに、確実に贈与できる。
  • 視覚障害者や聴覚障害者のような身体障害者、浪費者、ギャンブル依存者、
    アルコール中毒者も民事信託が使える場合がある。

民事信託と他制度との比較

【 民事信託ではできて、成年後見制度ではできないこと 】
  • 本人の財産を本人のみならず親族のためにも使える。
  • 財産の管理は、単なる保全だけにとどまらず、運用や活用・処分にも使える。
  • 財産を第三者に移転し、本人において判断能力が減退した後も裁判所等の規制をうけずに
    管理処分できる。
  • 財産の承継(遺贈)に利用できる。
【 民事信託ではできて、遺言制度ではできないこと 】
  • 夫婦が共同で遺言代用信託(委託者複数)の方法により同一の書面で財産の管理と承継遺贈ができる。
    「共同遺言はできない」
  • 信託における受託者は確固たる主導権を持つ。
    「遺言執行者の権限は限定的」
  • 信託契約は簡単に取消等出来ない。
    「遺言は簡単に撤回・書き直しできる」
  • 信託は無効の主張が難しい。
    「遺言は執行の段階・執行後・無効の主張ができる」

民事信託の利用・活用方法は?

①判断能力が不十分な人を支援する後見制度や任意の財産管理制度を補完し、
 
あるいは一部これに替わる仕組み(後見的な財産管理)として利用する方法があります。

②一般的に利用されている遺言や相続あるいは贈与という法制度に拠らないで相続財産等を円滑に
 
承継するためと、相続対策のための仕組み(遺産承継、家産承継)として活用する方法があります。

当事務所では、民事信託の利用・活用方法について、じっくりと、しっかりとご説明させていただきます。
また、お客様に何が必要かをご提案させていただきます。まずは、お気軽にご相談ください。

【 当事務所にご依頼いただいた場合の5つのメリット 】
  • 生前対策をトータルでサポートいたします。
    生前対策である民事信託、遺言書作成、成年後見、生前贈与の中で、
    お客様にとって最善で最適な組み合わせを見つけ出します。
  • ヒアリングと提案力
    「お客様の想いは何なのか?」を第一に、あらゆる質問をお客様に投げかけて、
    民事信託において必要な答えを正確に拾い上げて、最適な提案をさせていただきます。
  • 豊富な実績を活かします。
    開業前の前職司法書士事務所にて、相続登記・遺言書作成手続きを15年以上経験させて
    頂いた実績を活かし、相続分野である民事信託にも対応します。
  • 司法書士は専門家です。
    司法書士は民法、信託法の双方に精通している専門家ですので、安心してご依頼いただけます。
  • その後の法律問題にも対応します。
    専門家である司法書士に依頼することで、その後の多方面で直面するであろう法律問題について
    ご相談窓口としてご利用いただけます。
お客様がご納得いくまで
何度でもご相談を承ります。
フットワークの軽さを強みに、
迅速に対応いたします。また、
当事務所での対応も可能です。
ご家庭に合わせたサポートを
継続いたします。一度きりでは
ない万全のアフターケア。

安心のお約束
ご相談は何度でも何時間でも無料
お客様がご納得いくまで何度でもご相談を承ります。

大阪市内完全出張無料
フットワークの軽さを強みに、迅速に対応いたします。また、当事務所での対応も可能です。

手続き完了後も万全サポート
ご家庭に合わせたサポートを継続いたします。一度きりではない万全のアフターケア。
ご相談は何度でも無料です