お問い合わせ・相談無料お問い合わせ・相談無料

天王寺・上本町の遺言書作成は
司法書士しげもり法務事務所へ

遺言書作成

遺言書を作成していただきたいケースは以下の通りです。
  • 相続人が1人もいない場合
  • 子供がいないご夫婦の場合
  • 再婚したので母親が異なる子供がいる場合
  • 財産のほとんどが不動産の場合
  • 相続人以外の人にも財産を残したい場合
  • 長年連れ添った内縁の妻がいる場合
  • 個人で事業を行っている場合
  • 相続させたくない相続人がいる場合
  • 相続人がいないので、残った財産を寄付したい場合
遺言書を作るメリット
  • 特定の人に財産を確実に残せる
  • 遺産争いを未然に防げる遺言の方式とその比較
  • 遺された家族の相続手続の負担を減らせる
遺言って種類があるの?

遺言には、代表的なものとして、自筆証書遺言と公正証書遺言の2種類があります。
遺言は、民法に定められた厳格な様式を備える必要があります。
お客様それぞれのご事情で、せっかく遺言を残しても、遺言の厳格な様式に不備があると無効になって
しまいます。大切な財産をより確実に次世代につなぐために、当事務所では、より確実な公正証書遺言を
強くお勧めしています。

公正証書遺言 自筆証書遺言

公証役場で2人以上の証人の立ち会いのもとに、遺言の内容を公証人に口授し、公証人が遺言書を作成する。 遺言の全文と日付、氏名を全て自書し押印する。

公証人が作成するので手続き上無効になるおそれがない。
偽造・変造・紛失の危険性がない。
誰にも知られずに作成できる。
自分一人で作れるので簡単で費用がかからない。
作成替えが容易。

内容が他人(証人等)に知られてしまう。
証人が必要。
公正証書作成費用がかかる。
形式の不備や内容が不明確になりがちで、後日トラブルが起きやすい。
偽造・変造・隠匿のおそれがある。
遺言が無効になるおそれがある。

司法書士と共に公正証書遺言を作成すると

司法書士と共に公正証書遺言を作成すると、遺言をする際にはどんな内容にしようかと思い悩むことも
少なくないと思いますが、相続の法律専門家である司法書士が親身になって相談を受けながら
必要な助言をすることができ、公証人との調整も司法書士が一手に引き受けます。
司法書士と公証人が関与する遺言書なので、方式の不備で遺言が無効になるおそれもありません。
また、公正証書遺言は、家庭裁判所での検認手続きを経る必要がないので相続開始後速やかに遺言の内容を
実現することができます。お体がご不自由なお客様については、公証人がご自宅・入院先、老人福祉施設等
まで出張して遺言書を作成することもできます。
当事務所では、公正証書遺言書の作成について、じっくりと、しっかりとご説明させていただきます。
まずは、お気軽にご相談ください。

【 当事務所にご依頼いただいた場合の5つのメリット 】
  • 生前対策をトータルでサポートいたします。
    生前対策である民事信託・遺言書作成・成年後見・生前贈与の中で、
    お客様にとって最善で最適な組み合わせをご提案させていただきます。
  • 豊富な実績があります。
    開業前の前職司法書士事務所にて、遺言書作成を15年以上経験させて頂いた実績があります。
    遺言書作成には絶対の自信があります。
  • 司法書士が遺言執行者として遺言を確実に実行いたします。
    遺言書を作成したときの状況を十分に熟知している司法書士が遺言執行者となり、
    執行業務の完了まで責任をもって実行します。
  • 司法書士は専門家です。
    不動産登記を知らない方が遺言書を作成すると、相続発生後に遺言執行(登記手続き)ができない
    という事態にもなりかねません。
    司法書士は民法及び不動産登記法の双方に精通している専門家ですので、安心してご依頼頂けます。
  • その後の法律問題にも対応します。
    専門家である司法書士に依頼することで、その後の多方面で直面するであろう法律問題について
    ご相談窓口としてご利用いただけます。
お客様がご納得いくまで
何度でもご相談を承ります。
フットワークの軽さを強みに、
迅速に対応いたします。また、
当事務所での対応も可能です。
ご家庭に合わせたサポートを
継続いたします。一度きりでは
ない万全のアフターケア。

安心のお約束
ご相談は何度でも何時間でも無料
お客様がご納得いくまで何度でもご相談を承ります。

大阪市内完全出張無料
フットワークの軽さを強みに、迅速に対応いたします。また、当事務所での対応も可能です。

手続き完了後も万全サポート
ご家庭に合わせたサポートを継続いたします。一度きりではない万全のアフターケア。
ご相談は何度でも無料です